住宅の中で起こる水のトラブル、つまりはなぜ起こる?

つまりが起こると水が流れないだけでなく汚水などが逆流してきたり、悪臭の原因になるのでいち早く対処する必要があります。多くの人はある日突然つまったと感じるのですが、突然つまるというのは考えにくく、水が流れにくくなっていたなどの予兆があります。では、つまりを引き起こす原因はいったい何なのでしょうか。

■シンクなどで多いのが油汚れ

キッチンのシンクは調理や食事の後片付けなどで水以外にもさまざまなものを流すので、住宅の中にいくつかある水回りの水のトラブルの中でもつまりが起きやすい場所です。特に大きな原因となるのが油汚れであり、中にはシンクに使用した天ぷら油などをそのまま流しているという人もいるのではないでしょうか。シンクや排水溝を見ると油は問題なく流れているように見えますが、排水管内側には冷えて固まった油が付着し、排水管自体を狭くしてしまうことから水の流れが悪くなってしまいます。油汚れを流し続け、つまりを取り除くなどの対策をしないまま生活をしていると、ある日突然キッチンのシンクがつまるというトラブルが起こります。

■ペットの排泄物はトイレがつまる原因になるのか

ネコや犬を飼っている人の中にはペットの排泄物を臭いなどが気になることから人間のトイレに流してしまっているという人もいるのではないでしょうか。しかし人間のトイレは特にネコの排泄物を分解する力がないことから、これが原因でトイレがつまってしまうこともあります。ペットの排泄物はトイレに流すのではなく可燃ごみなどできちんと処理をするようにしましょう。




■まとめ
普段の生活の中で何気なく行っていることが、水のトラブルであるつまりの原因になっていることもあるので、普段の生活を一度振り返って見直してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ