トイレの水のトラブルとは

家の中の水のトラブルの中でも起こってしまうと被害が大きくなってしまうのがトイレの水のトラブルです。トイレは清潔な水道水と排泄をした後の汚水の両方があります。汚水に比べると水道水の方が大丈夫なように感じがちですが、実はどちらも非常に厄介なものです。

■トイレがつまって汚水が逆流すると大惨事に

トイレが完全につまってしまうと水が流れなくなるどころか汚水や汚物が逆流してしまう可能性があります。こうなると衛生的にも問題が生じてしまいますし、頭を悩ませやすい問題です。つまりは異物を流さない限りはいきなり起こるものではなく、ある程度の年月をかけて少しづつ蓄積しつまってしまいます。水の流れが悪いなどの予兆があったはずですが、毎日何気なく使用していることで気づけなかったという人も多いです。また紙おむつや携帯電話、食べかすやペットの排泄物などはトイレに流すことができるものではなく、トイレは人の排泄物やトイレットペーパーだけを流すことができる設計になっていることから、これらは異物でありつまりの原因になってしまいます。

■きれいな水でも放置すると住宅に影響を与えてしまう

トイレを使用していないのに水が流れているという場合は、排泄物を流すための水が漏れてきている状態ですが、中にはあまり気に留めずに放置しているという人もいるのではないでしょうか。これらの水は床や壁に染み出してしまうことでトイレだけでなく住宅全体の構造に影響を与えてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。





■まとめ
トイレは一度つまってしまうとなかなか個人では修理をすることができませんし、きれいな水でも漏れ続けることで被害が広がってしまいます。トイレの交換をしなくてはいけなくなる前にできるだけ早く対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ